「0円でんき」が値上げ。おすすめの切り替え先は?

2022年8月1日利用分から電気料金の値上げを実施する「0円でんき」 値上げによって0円でんきを利用するメリットが無くなった場合、どこに切り替えるのがおすすめか料金シミュレーションをもとに解説します。

0円でんきの値上げの中身

新料金は現時点では未公表

0円でんきの値上げ後の料金は「近日中」に公式HP上で公表されます。内容が分かり次第加筆します。

値上げする理由

燃料の輸入価格の高騰により、新電力が電気を調達する際のコストが跳ね上がっています。代表的な卸電力取引所での電力取引価格は、0円でんきが説明するとおり「前年比2.7倍」と跳ね上がっており、仮に全ての電力を卸電力取引所から調達していた場合、新電力は赤字となる水準です。

楽天でんき、Looopでんきなども値上げに踏み切っており、値上げの連鎖が止まりません。

0円でんきからの乗り換え先としておすすめの新電力

0円でんきより安い、おすすめの乗り換え先を紹介します。

ENEOSでんき

対応エリア全国(沖縄・離島除く)
解約違約金通常の契約なら無し
2年契約は1100円
料金水準一人暮らし→大手電力より年間1000~2000円安い
二人暮らし→大手電力より年間3000~6000円安い
ファミリー→大手電力より年間6000~10000円安い

公式サイトではなく電気チョイスから申し込むと3000円分のキャッシュバックがあります。

東京ガス

対応エリア関東
解約違約金無し
料金水準一人暮らし→大手電力より年間1500円前後安い
二人暮らし→大手電力より年間6000円前後安い
ファミリー→大手電力より年間10000円前後安い

新電力でシェアNo.1の新電力です。自社系の火力発電所をたくさん持っているので、電力取引価格の高騰にも強いです(卸電力取引所からの調達が約10%と、新電力の中では最小クラス)

ガス・電気のセットプランでも、電気だけの契約でも利用可能です。

大阪ガス

対応エリア関西
解約違約金無し(付帯サービス付きプランは違約金あり)
料金水準一人暮らし→大手電力より年間1000円前後安い
二人暮らし→大手電力より年間4000円前後安い
ファミリー→大手電力より年間6000円前後安い

関西で契約件数No.1の新電力です。ファミリー世帯では電気ガスのセットプランよりもdポイント還元がある「スタイルプランd」が安いです。