【最安水準】九電みらいエナジーオール電化プランのメリット・デメリット

九州電力子会社、九電みらいエナジーが提供しているオール電化プラン「Nプラン」のメリット・デメリットを詳しく解説します。

九電みらいエナジー オール電化プランのメリット

関東のオール電化プランとしては「最安水準」

九電みらいエナジーのオール電化プランの最大のメリットは、関東のオール電化プランとしては「最安水準」といえる料金設定です。10kVA契約、月480kWhを使用するオール電化住宅のモデルケースで料金をシミュレーションした結果は以下のとおり。

社名・プラン月料金
東京電力・スマートライフL13800円
出光昭和シェル・オール電化13690円
CDエナジー・スマートライフ13662円
JCOM電力・オール電化13644円
ハチドリ電力・オール電化13580円
東京ガス・もらえる電気13455円
九電みらい・Nプラン13035円

ポイント還元込みで、全く同じ使用量・使用時間帯での試算です。

九電みらいエナジーのNプランは、東電のオール電化プランと比べて月に765円安く、他社のオール電化プランと比較しても大幅に割安な料金設定です。関東では「最安水準」のオール電化プランと言えます。

割安な深夜帯の時間が長い

公式サイトより

東電のオール電化プランと、上で挙げたオール電化プランは電気料金が安い「深夜帯」が午前1~6時に設定されています。それに対し九電みらいエナジーのオール電化プランでは、23~翌7時と3時間も長く設定されています。

他社のオール電化プランでは、人々が寝静まっている時間帯の料金単価が安いため、電気温水器やエコキュートでの電力使用が割安になります。ですが九電みらいエナジーは、家事や生活によって発生する電気料金も、一部割安になるというイメージです。

時間帯が長いことに加え、基本料金を含め料金単価自体も安く設定されています。

東電と比べて割高にはならない料金設定

割安な時間帯が長く、料金単価も安いため東電のスマートライフS・Lと比べて使用量や使用条件に関係なく「安くなる」のが九電みらいエナジーのオール電化のメリットです。

一部の新電力のオール電化プランでは、東電より明らかになるものもありますし、また割安になるものの時間帯の設定が東電とは大きく異なり、比較が難しいものもあります。九電みらいエナジーの料金体系は東電との比較もしやすい点で「分かりやすい」です。

九電みらいエナジー オール電化プランのデメリット

「電化上手」からの切り替えでは割高になる

公式サイト上にも注意書きが多数ありますが、東電でも「電化上手」プランと比較すると、九電みらいエナジーのオール電化プランは割高になるリスクがあります。上でも紹介した試算条件で料金を比較します。

社名・プラン月料金
東京電力・スマートライフL13800円
九電みらい・Nプラン13035円
東京電力・電化上手11903円(その他)
12330円(夏)

電化上手と比較すると、九電みらいエナジーのオール電化プランは大幅に割高です。電化上手は現在は新規契約が出来ないため、一度解約すると再契約ができません。電化上手からの切り替えはやめましょう。