値上げされる東京電力の電化上手より安いプランに乗り換えよう | おすすめ2選

2022年10月から大幅に値上げされる東京電力の電化上手。電化上手よりも安いプランに乗り換えたい人のために、おすすめの料金プランを一つだけ紹介します。

電化上手の値上げの概要

値上げ幅は年間1万円以上にのぼる

今回の値上げにより、深夜料金単価が大幅に値上げ。また5時間通電機器割引と通電制御型夜間蓄熱式機器割引が「廃止」されます。昼間の料金単価は値下げされますが、平均的なオール電化住宅で年間1万円前後の値上げとなるでしょう。

特に、太陽光発電を設置していて昼間の買電量が少ない場合により一層値上げ率が高くなります。

値上げされる理由は「原発」

大幅に値上げされる理由は、原発です。

東電は2011年3月に原発事故を起こし、以来原発の再稼働は認められていません。原発は電気の需要に関係なく、発電量を一定に保って発電を行うため、原発が稼働していると夜間に電気が余りがちです。今は原発が止まり、代わりに発電量の調節がかんたんに出来る火力発電が主力なので、夜間に電気が余りにくくなっています。

柏崎刈羽原発

東電にとって、電化上手の料金設定では赤字となってしまうため、2016年をもって電化上手の新規契約は中止に。そして既存契約者に対しても値上げを行うこととなりました。

今後、2011年以前のように原発が稼働すれば再び値下げが実現する可能性もありますが、あれだけの原発事故を起こした東電に原発の再稼働が認められるには相当高いハードルがあり、実現はほぼ不可能と言えます。

電化上手より安い料金プラン

毎月1000円前後、電気代が高くなってしまう今回の値上げ。少しでも節約したい人のために、割安な料金プランを紹介します。

JCOM電力 オール電化プラン

JCOM電力の「季節別時間帯別」プランは、東電の電化上手と同じ時間割設定で電化上手と比較がしやすい料金体系です。そして、JCOM電力は値上げ前の電化上手と比べて朝晩・昼間が2%安く設定されています。値上げ前の電化上手と比べても若干安くなるので、値上げ後の電化上手と比べると大幅に安くなる料金プランです。

平均的なオール電化住宅の場合、値上げ後の電化上手と比べて年間で6000円以上安くなります。

解約違約金・初期費用もありません。電気だけで契約できますが、JCOMのケーブルテレビの営業エリアでしか契約できません。詳細は公式サイトで。

Looopでんき スマートタイム

マンションなどでは電化上手よりも高くなってしまうケースもありますが、戸建住宅におすすめの料金プランです。

Looopでんきのスマートタイムは基本料金0円という料金体系で、また昼間の料金も電化上手より安いです。反面、深夜料金は値上げ後の電化上手と比べても高く、通電機器割引なども無いため値上げ後の電化上手と比べて高くなってしまう場合もあります。基本料金が高い7kVA以上で契約している場合に、要検討のプランと言えます。契約容量が11kVA以上の場合はメリット大です。

解約違約金や初期費用はありません。Looopでんきは中部電力が出資している新電力です。

他の新電力の料金プランには要注意!

電化上手は値上げされたとはいえ、それでも現在新規契約が出来るオール電化プラン「スマートライフ」よりも大幅に安いです。

上で挙げた以外にもオール電化プランを提供している新電力はありますが、基本的には電化上手ではなくスマートライフに対応した料金体系なので、値上げ後の電化上手から乗り換えるとかえって高くなってしまうことがほとんどです。出光興産、CDエナジー、九電みらいエナジー、東急でんき、ハチドリ電力、HTBエナジー、千葉電力、エルピオでんき、ミツウロコでんき、ハチドリ電力、親指でんき、東京ガス、丸紅新電力のオール電化プランを計算してみましたが、いずれも値上げ後の電化上手よりも「高い」料金設定でした。間違って申し込まないように注意してください。

一部の電気料金比較サイトでは、キャッシュバック額などを含めてこれらのプランを「安い」と表示している例もあるようです。電気代自体は電化上手の方が安いので要注意です。

上で紹介したJCOM電力は値上げ後の電化上手と比較してちゃんと安くなる料金設定ですし、Looopでんきも条件によっては安くなるといえる料金体系です。JCOM電力を契約できない地域、またLooopでんきを試算してみて高くなりそうだという場合は電化上手を使い続けることを推奨します。