そらエネでんきのメリット・デメリット全解説 | 注意すべき口コミ・評判も

スマートテック社の「そらエネ」は2021年には契約すべきではない電力会社でしたが、2022年はかなりお得な料金プランになります。料金プランが変わったわけではないのに、なぜそう言えるのか。料金プランの注意点をあわせて解説します。

そらエネでんきの特徴

3つの料金プラン

そらエネでんきは3つの料金プランを提供しています。

  • 得するプラン
  • 寄付するプラン
  • for REエナジー

最もベーシックなのが「得するプラン」です。3プランの中で最も料金が安いプランです。

寄付するプランはNGOなどに寄付が出来るプランで、「得する」よりも電気代が1kWhあたり1円高いです。一般家庭では月に300円前後、「得するプラン」よりも高くなるでしょう。

for REエナジーはCO2排出量ゼロ・実質再エネ100%の料金プランです。エコな電気を使いたい人のための料金プランです。電気代は「得するプラン」と比べるとだいぶ高いです。

注意点としては、他社(大手電力・新電力)にはある「燃料費調整額」という項目が、そらエネでんきにはありません。ほとんどの電力会社は同じ燃料費調整額を採用していますが、そらエネでんきにはそれが無いので、料金を比較する時に注意が必要です。料金メニューの単価を比較するだけでは実際の料金は分かりません。

初期費用・解約違約金は無い

そらエネでんきは初期費用や解約違約金などはありません。

そらエネでんきのメリット

燃料価格が高騰している時は「かなり安い」→2022年はお得

他社にはある燃料費調整額が、そらエネでんきにはありません。なので燃料費調整額が高くなる局面では、そらエネでんきは相対的に「お得」になります。

2021年の秋から国際的な資源価格が高騰しており、燃料の輸入価格が上昇しています。それに伴い、秋から各社の燃料費調整額も上昇しているため、そらエネでんきのお得感が高まっています。

ファミリー世帯では「最安水準」といえる(ただし2022年上半期のみ)

2021年12月の燃料費調整額で計算すると、そらエネでんきは電気の使用量が多いファミリー世帯で「かなり安い」と言えます。もともとの料金体系がファミリー世帯でメリットが大きいタイプであることに加え、燃料費調整額の差でお得感が強まっています。

この燃料価格の高騰は当面の間続くことが予想されており、少なくとも2022年上半期中はそらエネでんきの優位性が続くと言えます。そらエネでんきは解約違約金などが無いので、再び燃料価格が下がった場合は他社に切り替えることをおすすめします。

なお、東京ガスの内田社長が2021年11月末の時点で「直近の輸入価格が上昇しているため、今後、半年程度は値上がりが続く」と記者会見で述べており、少なくとも2022年上半期は燃料価格高騰が続く、すなわちそらエネでんきがお得な状況が続きそうです。

そらエネでんきのデメリット

燃料価格が安い時は他社より割高→2021年は損だった

2021年の上半期は、新型コロナの影響により世界的に経済活動が停滞していたことで、燃料価格が低調に推移していました。燃料費調整額も2020年から「マイナス」つまり電気代が割り引かれる方向に作用していましたが、そらエネでんきには燃料費調整額が無いため、他社より相対的に割高な局面でした。

電気代全体として見ても、2021年前半の水準ではそらエネでんきは大手電力よりも割高(一般家庭の平均的な使用量の場合)でした。一転して2021年末の水準では他の新電力と比較してもかなり割安ですが、燃料価格の推移によっては他の新電力、あるいは大手電力よりも割高になるリスクがある点には注意が必要です。

他社との料金比較が少し難しい

他の新電力は、大手電力と同じ燃料費調整額なので料金を比較する際に燃料費調整額を考慮する必要は無く、料金メニュー上の料金単価を比較するだけで済みます。

ですがそらエネでんきは燃料費調整額が無いので、燃料費調整額の分を差し引いて検討する必要があります。ですが燃料費調整額の計算根拠となる燃料の輸入価格は、証券会社や石油会社でも先を見通すことが難しいです。事前の長期予想が出来ないと言えます。そらエネでんきは他社と長期的な料金比較が難しいと言えます。

一人暮らしだと大手電力より高くなりがち

そらエネでんきは使用量が多い場合に、大手電力よりも割安になる料金体系です。一人暮らしのように使用量が少ない場合は、大手電力の標準メニューよりも割高となる料金体系です。

燃料価格がよほど高騰すれば大手電力よりも割安になりますが、基本的には一人暮らしの場合はそらエネでんきを利用するメリットは薄い、リスクが大きいと言えます。

関連記事:一人暮らしの電気の契約におすすめの電力会社