高いぞ!オクトパスエナジーのメリット・デメリット | 評判・口コミ

2021年末から日本でサービスを開始したオクトパスエナジー。そのメリット・デメリットを解説します。

TGオクトパスエナジーとはどんな電力会社なのか

東京ガスと英国オクトパスエナジーの合弁会社

TGオクトパスエナジーは、東京ガスと英国の新電力会社であるオクトパスエナジーが一緒に日本で設立した会社です。ちなみに、東京ガスはオクトパスエナジー本体にも出資をしています。

オクトパスエナジーは英国で約5%のシェア、180万件に電力を供給しています。200種類を超える多彩な料金プランと、再生可能エネルギーの供給を特徴として伸びている会社です。

2021年末から関東で、22年から全国で展開を予定

TGオクトパスエナジーはまずは親会社である東京ガスの本拠地である関東で早ければ2021年末から家庭向けに販売を開始し、22年度から全国展開する予定です。

TGオクトパスエナジーのメリット

再生可能エネルギー比率の高い電力を供給する

TGオクトパスエナジーでは、脱炭素社会に対応した再生可能エネルギー比率の高い電力を供給します。一部プランでは「実質再エネ100%」を達成しており、環境負荷が小さな電気を供給しています。

一般家庭から排出されるCO2の内、約4割が電力の消費に由来すると言われており、家庭のCO2排出量削減に貢献することが期待されます。

TGオクトパスエナジーのデメリット

大手電力より高い 明らかに「最安水準」ではない

オクトパスエナジーは料金が安いという口コミがありますが、2022年8月現在においてそれは必ずしも事実とはいえません。

燃料価格の変動を電気代に転嫁する燃料費調整という料金項目があります。大手電力会社の従量電灯(標準プラン)には燃料費調整に上限ある一方、オクトパスエナジーにはその上限がありません。

2022年8月現在、全国のほとんどの地域で燃料費調整の上限に達しているため、上限が無いオクトパスエナジーは割高になっています。特に関西・中国・九州の3エリアにおいては、多くの一般家庭においてオクトパスエナジーの料金プランは各地域の大手電力従量電灯と比べて割高です。例えば中国エリア、月400kWhの電気を使う場合、オクトパスエナジーは中国電力従量電灯Aと比べて一ヶ月で約2000円も高くなっています(2022年9月分燃料費調整単価での試算)

大手電気料金比較サイトの試算を見て「オクトパスエナジーは最安水準」と勘違いしている方が少なくないようですが、あの試算は最新の燃料費調整単価を反映していないため、現在の情勢とはかけ離れた結果となっています。

関連記事:燃料費調整に上限がある新電力会社の一覧

料金変動リスクにも懸念(市場連動型プラン)

オクトパスエナジーは英国本国では市場連動型プランを提供しています。

市場連動型プランとは、電力の市場価格を消費者が支払う電気料金に反映させる料金体系です。この市場連動型プランは、市場価格の動向によっては電気代が大幅に割高となるケースもあり、非常にリスクの高い料金体系といえます。

日本でも2021年1月に市場価格が暴騰したことで、市場連動型プランの契約者の電気料金が数倍以上に跳ね上がる事態が発生しています。また、2021年9月にはイギリスでも同じような価格高騰が発生し、日本でも報じられているところです。

2022年8月現在、オクトパスエナジーは日本では市場連動型プランの提供を行っていませんが、今後の料金改定には要注意と言えます。

関連記事:市場連動型プランのメリット・デメリット