TGオクトパスエナジーのメリット・デメリット | 前評判は?

2021年末から日本でもサービスを開始する予定のTGオクトパスエナジー。そのメリット・デメリットを解説します。

TGオクトパスエナジーとはどんな電力会社なのか

東京ガスと英国オクトパスエナジーの合弁会社

TGオクトパスエナジーは、東京ガスと英国の新電力会社であるオクトパスエナジーが一緒に日本で設立した会社です。ちなみに、東京ガスはオクトパスエナジー本体にも出資をしています。

オクトパスエナジーは英国で約5%のシェア、180万件に電力を供給しています。200種類を超える多彩な料金プランと、再生可能エネルギーの供給を特徴として伸びている会社です。

2021年末から関東で、22年から全国で展開予定

TGオクトパスエナジーはまずは親会社である東京ガスの本拠地である関東で早ければ2021年末から家庭向けに販売を開始し、22年度から全国展開する予定です。

TGオクトパスエナジーのメリット

再生可能エネルギー比率の高い電力を供給する

TGオクトパスエナジーでは、脱炭素社会に対応した再生可能エネルギー比率の高い電力を供給する予定です。「再生可能エネルギー100%」など、環境負荷の小さな電力を販売します。

一般家庭から排出されるCO2の内、約4割が電力の消費に由来すると言われており、家庭のCO2排出量削減に貢献することが期待されます。

大手電力より数%安い料金を実現

TGオクトパスエナジーでは、大手電力の標準的なメニューより数%程度安くなるプランの提供も検討しています。再生可能エネルギーというと料金が割高なイメージがありますが、TGオクトパスエナジーでは料金面でも魅力をアピールする予定です。

多彩な料金プランをきめ細かく提供

オクトパスエナジーはイギリスでは200以上のきめ細かな料金メニューを提供しています。通常、このように細かく異なるプランを提供すると管理コストが増加するデメリットが生じますが、オクトパスエナジーは独自の管理システムにより多彩な料金プランの提供を実現しています。

日本でも22年度以降に料金プランの提供バリエーションを増やしていくとしています。

TGオクトパスエナジーのデメリット

どこまで伸びるかは未知数

TGオクトパスエナジーでは2030年までに数百万件の顧客を獲得する計画を立てています。数百万件というと、東京ガスの電力は2016年の電力完全自由化から5年で約250万件を達成しているので、それに近い野心的なペースです(東京ガスは家庭向けの電力供給で新電力としてはシェア1位)

再エネの供給を行う電力会社は、みんな電力やハチドリ電力など既にいくつもの競合が事業を展開していますが、いずれも大きなシェアを獲得するには至っていません。今後の道のりは決して平坦では無いと言えます。

料金変動リスクにも懸念(市場連動型プラン)

TGオクトパスエナジーは英国本国では市場連動型プランを提供しています。

市場連動型プランとは、電力の市場価格を消費者が支払う電気料金に反映させる料金体系です。この市場連動型プランは、市場価格の動向によっては電気代が大幅に割高となるケースもあり、非常にリスクの高い料金体系といえます。

日本でも2021年1月に市場価格が暴騰したことで、市場連動型プランの契約者の電気料金が数倍以上に跳ね上がる事態が発生しています。また、2021年9月にはイギリスでも同じような価格高騰が発生し、日本でも報じられているところです。

関連記事:市場連動型プランのメリット・デメリット